本文へスキップ サイドバーへスキップ フッターへスキップ

痛風の症状とは?どうなのか9つ以上解説!

この記事で、痛風の症状についてすべてを学びましょう!痛風は、関節の変形を伴う炎症発作を繰り返しながら進行するリウマチの一種です。

痛風は、尿酸の結晶の沈着によって引き起こされる関節の炎症のことです。この物質は、食べ物、特に動物性食品を分解することによって発生します。[1] 通常、腎臓は余分な尿酸を血液から排出します。しかし、尿酸が血液中に多すぎると、関節に溜まって炎症を起こします。これを痛風発作といいます。これは男性に多く見られる症状です。女性ではまれで、閉経後にのみ発生します。

痛風発作は非常に突然に現れ、非常に痛いです。患部の関節は赤く腫れ上がります。適切な治療がなされないまま時間が経つと、血液中の尿酸値が高い状態が続き、関節や皮下にトフスという痛みのない塊が形成されます。

痛風発作はどのようなものですか?

痛風患者は、夜中に突然の外反母趾の痛みで目を覚ますことがよくあります。夜間の痛みは、日中に関節に液体が溜まっていることが原因かもしれません。この体液が、横になると尿酸よりも早く関節から出て行ってしまうのです。このため、尿酸の濃度が高くなり、結晶ができやすくなります。[2]

通常は耐えられないほどの痛みで、モビライゼーションや触診で悪化します。痛みは強く、関節は赤く熱くなり、腫れます。通常、痛みは数日以内に治まります。足の指がかゆくなったり、はれたりします。数ヵ月後、あるいは数年後に発作を繰り返す可能性があります。[3] また、指や肘、膝に痛みを感じることもあります。

時には、危機の他の症状も含まれます。

  • フィーバー
  • 心拍数の増加(頻脈)
  • 全身倦怠感
  • 悪寒(あまり頻繁ではない)

痛風発作は数日間続き、数週間から数年おきに繰り返されます。痛風発作は数日から数年おきに起こり、病気が進行するにつれて回数も期間も増え、患部の数も増える傾向にあります。数年後、皮膚の下に痛みのない小さな結節(トフィ)ができることがあります。また、痛風は腎臓結石として現れることもあります。

それから、「痛風の症状」はどうなるのでしょうか?

最初の発作は通常1つの関節を襲い、数日から1週間続くことがあります。

痛風の痛みや症状は徐々に消えていきます。症状が消え、関節の機能が正常に戻ります。未治療の発作は、より重症化し、より頻繁に、また複数の関節に影響を与えることができます。治療されない発作は、その後の発作が3週間ほど続くこともあります。[4] 38.5℃以上の発熱があり、悪寒、脱力感、嘔吐、発疹などの症状がある場合は、医師に報告する必要があります。特に、これまで発作を経験したことがない人や、過去に発作を起こしたことがある人は要注意です。

慢性痛風は、血中の尿酸値が高い状態が続く病気です。痛風は発作を繰り返すと慢性化することがあります。また、関節の変形を招くこともあります。長期間にわたって尿酸の結晶が関節や腱にダメージを与えることで、関節の動きが悪くなります。[5]

痛風が再発する前に止める

痛風は家族性・遺伝性の疾患として現れることが多く、腎臓による尿酸の排泄が制限される。

痛風の原因となる過剰な尿酸は、以下のようないくつかの原因があると言われています:

  • 動物性たんぱく質の多い食事
  • ビール(アルコールなしでも可)、強いアルコール、甘いソーダを飲みすぎる、
  • ある種の医薬品

生活習慣を改善することで、痛風発作を予防し、病気の進行を遅らせることができます。

推奨されています:

  • 1日に食べる肉または魚介類の量を1つ減らす
  • ビールの代わりにワインを飲む、またはアルコールを完全に避ける
  • 低脂肪乳製品は尿酸値を下げ、保護する効果があるようなので、脱脂粉乳を1日1杯飲むこと。

抗炎症剤と副腎皮質ステロイドは痛風発作の症状を治療することができます。[6] また、血液中の尿酸の量を減らす新しい薬が医師から処方されることもあります。

痛風に最適な食事、考えられる全ての治療法、最適な自然療法についてご紹介します。

痛風疾患の管理には、尿酸を多く含む食品や尿酸の生成を刺激する食品を制限し、一方で腎臓からの尿酸の排出を促進する食品、炭酸水素塩を多く含む水、ビタミンCを多く含む食品、...を優先した特定の食事が必要です。

痛風の家庭療法

痛風原因 痛風原因

痛風の初期症状とは?

痛風発作の前兆はありえます。痛風発作の前兆は、ピリピリするような関節の中程度の痛み、不快感、可動域の制限によって特徴付けられる。この段階を患者が認識することで、痛風発作の抗炎症治療を早期に開始することができるようになります。

痛風の発作は、治療をしなくても自然に止まることもあります。次の発作が起こるまで、後遺症もなくすべてが正常に戻ります。 痛風の患者さんは、数年の間に何度か発作を経験します。それらは通常よりも頻繁に起こり、次の2年間でより近くなっていきます。 これが急性痛風です。

痛風とはどのような病気で、どのように症状が現れるのでしょうか?

痛風は、関節に微細な尿酸の結晶が沈着し、痛みを伴う炎症を起こす病気です。この結晶が塊となってトフィと呼ばれる感触を得たり、腎臓に沈着して腎疝痛や腎臓の機能変化を引き起こすこともあります。

突然、一部の関節に激しい痛み、圧痛、発赤、高熱、腫脹(炎症)を生じる病気です。通常、一度に1つの関節、主に外反母趾の関節が侵されます。また、膝、踵、足、手、手首、肘など他の関節も侵されることがあります。まれに肩、腰、背骨が侵されることもあります。1つの関節に痛風があっても、他の関節に広がるわけではありません。

時には、滑液包や腱に炎症が起こり、それぞれ滑液包炎や腱鞘炎になることもあります。病気が進行すると、発作が完全に治まらず、同時に複数の関節に影響を及ぼし、患者さんの生活の質が著しく制限されることがあります。

進行すると、トフィと呼ばれる硬い結節の形で、触知可能な蓄積が現れることもあります。尿酸の結晶が腎臓に沈着し、腎性疝痛を起こすこともあります。

痛風かどうかは、どうすればわかるのですか?

痛風発作(特に初発)は突然起こるように見え、患部の関節(一般的には外反母趾)に発赤、痛み、腫脹を伴います。しかし、実際には、尿酸は以前から蓄積されていました。発作は尿酸値の急激な上昇によって引き起こされることが多く、高タンパク質の食事、夜の深酒(特にビールを飲んでいた場合)、脱水症状によって引き起こされることがあるのです。

痛風は夜間に発症し、8~12時間後に症状が悪化することが多い。痛風の最初の発作は母趾の付け根に起こることが多いですが、膝、かかと、足首、足裏にも起こることがあります。痛風に伴う痛みは持続的で強く、腫れは必ずしも最初に患った関節に限られたものではありません。

ここでは、痛風かどうかを教えてくれるサインを紹介します。

  • 発作は、しばしば夜間、安静時に突然起こり、関節に強い痛み(灼熱感、研削感)が出現する。痛みは6〜12時間後に最大になる。
  • 炎症性疾患は1つの関節にのみ発症し(単関節炎)、一般的には母趾の付け根の関節に発症します。まれに、膝や足首に発症することもあります。
  • 局所の徴候が重要である。痛みは、すり減るような、焼けるような、非常に強いものです。患部の関節は赤く腫れ、熱を持ち、かたくなり、少し触れただけで激痛が走ります。皮膚や皮下組織はしばしば非常に赤く、浮腫(腫脹)しています。
  • 痛みは鋭く、局所の皮膚ヒステリシスを伴う。
  • 発熱と若干の悪寒を伴うことがあります。

皮膚には、白っぽい結節である痛風性トフスという病徴が見られる。

痛風はどのようにして始まるのですか?

痛風発作は、このような兆候を見ることで気づくことができます。

  • 発作は突然、通常は夜間に起こり、関節に激しい痛み(灼熱感、削られるような感覚)を生じます。痛みは6時間から12時間続くこともあります。
  • 炎症性疾患は1つの関節にのみ発症し、脚や母趾の付け根の部分に多く見られます。足首や膝に多く見られます。
  • 患部の関節は赤く腫れ上がり、温かくなります。また、触ると非常に痛むことがあります。皮下組織や皮膚は、非常に赤くなり、浮腫が生じることがあります。
  • 発熱、悪寒、心拍数の増加(頻脈)、全身倦怠感などが起こる可能性があります。

痛風発作はどこから始まるのでしょうか?

痛風発作は非常に突然に現れ、非常に痛いです。患部の関節は赤く腫れ上がります。適切な治療がなされないまま時間が経つと、血液中の尿酸値が高い状態が続き、関節や皮下にトフスという痛みのない塊が形成されます。

下肢の1つの関節のみ。同時に複数の関節が侵されることもあり、これを痛風性多発関節炎といいます。手、手首、肘、背骨など、他の関節が侵されることもあります。

通常、痛風の初発は下肢の1つの関節に起こります。 その後、腱(痛風性腱鞘炎)や関節周囲のバースト(痛風性滑液包炎)など、複数の関節が侵されることがあります。

最初に患う部位として最も多いのが外反母趾です。

赤くて熱いんです。 脈打つような痛み。 数日から数週間続くこともある。通常、最初の発作は、その後の発作よりも短く、強くない。

痛風になるとどこが痛むのか?

痛風は、誰もが罹患する可能性のある一般的かつ複雑な関節炎の一種です。痛風は、突然の激しい痛み、腫れ、赤み、圧痛を伴う発作が1つまたは複数の関節(多くは外反母趾)に発生するのが特徴です。

痛風の発作は突然起こり、夜中に母趾が燃えているような感覚で目が覚めることがよくあります。患部の関節は熱を持ち、腫れ上がり、シーツの重さにさえ耐えられなくなるほど柔らかくなります。

痛風の症状は出たり出なかったりしますが、症状を抑え、再発を防ぐ方法があります。

一般的には外反母趾ですが、膝、手、臀部にも起こります。徐々に始まり、徐々に進行し、耐えられないほどになります(患者はシーツに耐えられなくなる)。

痛風の患部である関節は必ず痛む。

攻撃は1日から数週間続くこともあります。

痛風でどんな痛み?

痛みは通常、夜間に突然発生することが多い。
  • ごく短時間のうちに、関節は正常な状態から非常に激しい炎症へと変化するのです。
  • 非常に強い痛み:しばしば耐えられないと表現される。
  • 関節の腫れや赤み。
  • 関節の局所的な温度上昇。
  • 触覚の感度がいい。
  • 発熱がある場合もありますが、発熱がある場合は、感染症などの他の病気を除外する必要があります。
  • 時に全身の関節痛と全身倦怠感
手足の四肢の関節は、冷えやすいこともあり、他の関節よりも敏感です。寒さは、液体尿酸を尿酸結晶に変化させる原因となります。

痛風の4つのステージとは?

この病気は、血液中に尿酸が静かに蓄積される段階から、慢性関節炎に至るまで、実際には4つの段階で進行します。

ここでは、それぞれの段階で何が起こっているのか、そして痛風が次の段階へ進むのを止めるにはどうしたらよいのかを説明します。

ステージ 1:無症候性痛風

痛風は、尿酸という物質が血液中に蓄積されることで起こります。尿酸は、体内の組織や一部の食品に含まれるプリン体という化合物を体内で分解する際に自然に生成されます。ただし、尿酸値が高い人すべてが痛風になるわけではありません。

通常、尿酸は血液に溶け込み、腎臓でろ過されて尿中に排泄されます。しかし、痛風の人はこの過程がうまくいかなくなります。これは、レバー、乾燥豆、キノコ、豆類など、プリン体を多く含む食品を食べ過ぎると起こります。また、腎臓が尿酸を十分に体外に排出できない場合もあります。

痛風の初期には、血液中に尿酸が蓄積され、高尿酸血症と呼ばれる状態になります。通常、症状はなく、治療も必要ありませんが、尿酸が体に害を及ぼす可能性はあります。

ステージ2:急性痛風

やがて過剰な尿酸は結晶となり、関節の隙間に溜まっていきます。この針状の結晶(尿酸一ナトリウムまたはMSU)が、外反母趾の痛みの原因となります。また、足首、足、膝、手首など、他の関節にも影響を及ぼすことがあります。

急性増悪は、突然、多くの場合、夜間に起こり、数日から数週間続きます。痛みの他に、関節の発赤、腫脹、熱感などの症状があります。

発作が起きたら、関節に永久的な損傷を与えないように、すばやく治療を受けましょう。安静にして、アルコールを避け、動物性タンパク質を減らし、アイスパックで痛い関節を冷やして和らげましょう。

ステップ3:インターバルまたはインタークリティカル痛風

痛風は、サイクロンの目の中の静けさのように、発作と発作の間に眠っていることがあります。痛風発作の後は通常、数ヶ月から数年間、痛みのない期間が続きます。しかし、尿酸は血流や関節に蓄積され続け、次の発作に備えます。

よく食べ、水をたくさん飲み、薬を飲むように心がけましょう。必要であれば体重を減らすことも、将来の発作を防ぐことになります。

ステージ4:慢性の上皮型痛風

痛風の中で最も消耗が激しいタイプです。痛風を治療していない人に多くみられ、発症までに10年程度かかるといわれています。

痛風が慢性化すると、関節の痛みなど、他の関節炎によく見られる症状が続きます。また、関節の周りの軟部組織に尿酸の結節ができることがあります。これは「トフス」と呼ばれ、手指、肘、足指に多く見られます。

また、尿酸は骨にダメージを与えたり、腎臓に蓄積して腎臓結石などの原因となることもあります。

痛風かどうかを自分で調べるにはどうしたらよいですか?

痛風かもしれないと思ったら、必要な治療を受けるために、医師による検査・診断を受けることが大切です。痛風の検査についてはこちら

痛風の検査には、以下のようなものがあります。

  • 滑膜液の分析

滑液は、関節の中にあるものです。この検査では、関節液の中に尿酸塩の結晶があるかどうか、つまり痛風である可能性を判断します。この検査は、痛風を診断するための最も信頼できる検査と考えられています。滑液検査は数分しかかかりません。まず、小さな針で麻酔薬(患部を麻痺させる薬)を注射することがあります。患部が麻痺したところで、医師または看護師が患部の関節に大きめの針を刺し、液体を採取します。麻酔をした場合、痛みはほとんど感じません。

  • 尿酸の血液検査

血液検査では、血液中の尿酸濃度を調べることができます。尿酸濃度が高ければ、痛風である可能性があります。

血中尿酸値は3.5~7.2ミリグラム/デシリットル(mg/dL)で、ほとんどの人は正常とされています。痛風の場合、医師は尿酸値を6.0mg/dL以下に保つことを勧めています。

痛風の診断に血中尿酸値検査だけを用いるべきではありません。なぜなら、尿酸が高くても痛風にならない人もいれば、尿酸が低くても痛風になる人もいるからです。痛風かどうかを確認するために、医師は尿酸検査と一緒に他の検査の結果も利用するのです。

  • 尿中尿酸測定法

尿検査では、体内の尿酸の濃度を調べることができます。尿酸の濃度が高ければ、痛風である可能性があります。サンプルには、24時間の間に通過した尿が含まれている必要があります。

尿中尿酸値は250~750mgが正常とされています。

血液検査と同様、尿中尿酸値検査だけでは痛風と診断されません。痛風かどうかを確認するために、医師は尿酸検査と一緒に他の検査の結果も利用します。

  • 関節のX線検査

医師は、関節の痛みが怪我や痛風以外の原因によるものでないことを確認するために、関節のX線検査を行うことがあります。慢性痛風患者の場合、医師は痛風による関節の損傷がないかどうかを確認するために、関節のX線検査を勧めることがあります。

  • 超音波

超音波診断装置は、音波から体の筋肉や関節の画像を作成します。医師は超音波を使って、関節にトフィと呼ばれる尿酸の結晶があるかどうかを調べることがあります。

  • デュアルエナジーCT(DECT)

DECTは、2種類のX線を使って体内の画像を取得します。DECTは、他の検査法では見逃される尿酸塩結晶を見つけることができます。他の検査で痛風かどうか確定できない場合に有効な検査です。

痛風について知っておくべきことは?

痛風は、毎年何千人もの人々に影響を与える非常に辛い症状になり得ます。あなたやあなたの愛する人が痛風の症状に悩まされている場合、その症状を治療する最も簡単な方法を見つけることができます。

なぜ、痛風の自然療法を試すのか?

しかし、その薬が不必要な副作用を引き起こしたり、他の薬と相互作用したり、あるいは個人的に適切な選択ではなかったとしたらどうでしょうか。私たちは、痛みや腫れなどの痛風の症状を緩和するのに役立つ自然な治療計画について見てみましょう。

痛風の結晶ができるのを防ぐには?

例えば、コーヒーは痛風患者の結晶を減少させることが示されており、同じことが多くの食品に存在するビタミンCにも当てはまります。もちろん、ある種の食品添加物も痛風の症状を軽くする可能性があります。

痛風に日常生活を支配されないためには?

痛風の痛みを和らげたり、取り除いたりするために、状況を管理し、自然のハーブや治療法を利用し始めると、あなたが望むように日常生活を送るために再び戻ることが可能です。ゴボウのようなハーブ製品を使用する。天然ハーブを使用して、皮膚や関節の炎症を癒し、予防することは、痛風の痛みを止めるための優れた解決策です。

痛風を永久に止めるには?

真の痛風軽減を得るための究極の方法は、問題を土台から止め、家庭療法でできる限り症状を治すことです。ゴボウのようなハーブの治療薬を使用します。個人的にハーブのペーストを作るか、ハーブのレメディが正しい割合で配合されているものを購入する必要があります。

痛風治療にゴボウを使うには?

ごぼうの場合は、痛風によって皮膚の表面に発疹などの炎症が出ることがあるので、皮膚の表面の不快感を軽減しながら、皮膚に浸透して関節の深部まで緩和してくれるハーブペーストです。

本当の秘密は、正しいエキスとハーブレメディで正しく作られた強力なペーストを使用することによってです。痛風の緩和を助けることができる非常に多くのハーブのペーストがありますが、ほとんどどれも動作しませんし、また、より強力で適切に準備されたものです。

痛風の自然療法を自分で用意できるのか?

自分でペーストを作る人の多くは、エキスや乾燥ハーブをぬるま湯と一緒に使ってペースト状にします。このペーストを何日も放置することが、その効力と効果を向上させるのに最も適しています。あなたは、正しい割合と品質の強力なハーブ製品で作られたペーストを選択することを計画しているイベントでは、それが実際に本物の天然と有機ゴボウ、オウゴン、ウコンのハーブの治療が含まれていることを確認するために物質を確認してください。もしそうでない場合は購入せず、痛風の痛みを軽減するために使用する適切なペーストを見つけるまで、周囲を調べてみてください。

痛風の症状を和らげるには?

痛風の痛みがひどいときは、氷嚢を使うと効果的です。また、患部の関節を安静にし、高くしておくことも非常に有効です。痛みがひどく、シーツや靴下では心もとない場合は、ブランケットバーやフットクレードルなどの特別な器具やケージを使って患部を保護するとよいでしょう。

これらのデバイスは、多くの患者さんにとって、直立で眠れるかどうかの違い、安眠の違いをもたらすものです。

痛風治療にハーブは使えるのか?

多くの患者さんは、炎症や痛みを抑えるために、ショウガやウコンなどのハーブを使うことで、すぐに緩和されます。患者さんが可能であれば、瞑想も非常に有効な手段です。

研究によると、瞑想はストレスやストレス関連ホルモンを減らすことができることが分かっています。これは、痛みの感覚を減少させ、痛みへの耐性を高めるのに役立ちます。重度の痛風症状に悩まされている場合は、医師に相談するのが最も良い方法です。

痛風発作について知っておくべきことは?

痛風の発作は激しいものですが、痛みを軽減する方法はたくさんあります。痛風の治療には様々な形があります。長期的に痛風の症状を軽減するためにできることはたくさんありますが、すぐに緩和することが重要です。

 

情報源

疾病の症状

疾病の症状

エクスリブリス株式会社 2014

痛風についての論説

痛風についての論説

痛風痛風性関節炎と高尿酸血症の診断と管理

痛風痛風性関節炎と高尿酸血症の診断と管理

プロフェッショナル・コミュニケーション 2022

痛風痛風と高尿酸血症の診断と管理:痛風とその病因の概要に加え、痛風の臨床的特徴や診断に関する具体的な情報を提供します。急性痛風関節炎の治療法、食事療法、非薬物療法についても詳しく解説しています。また、薬物療法による尿酸降下療法についても詳述し、疾病管理計画の策定に役立つ治療アルゴリズムを提供する。改訂第2版では、最新の情報を反映させました。

  1. NIAMS (2020) - National Istitute of Arthritis and Musculoskeletal and Skin Diseases - National Institutes of Health (NIH) - 米国保健社会福祉省 - "Gout" [online] |日本郵船 パブリッシャーサイト
  2. Storban T., (2011) - 痛風と慢性疼痛に対するバランスの取れたアプローチ.薬理学のフロンティア、[オンライン] 10. doi:12.3185/fiphar.2011.00462.
  3. NIAMS(2017)-国立関節炎・筋骨格系・皮膚疾患研究所-国立衛生研究所(NIH)-米国保健社会福祉省-関節リウマチ[オンライン]|日本経済新聞社 パブリッシャーサイト
  4. Gulpa D.A. & Hamelt X. (2006) - Inflammation and pain-related behaviours in the rat model of arthritis, Matmonades Medical Journal, [online] 18(4), pp.728-786.ドイ:08.1427/mmj.615。
  5. スペインリウマチ学会(SER) - Inforeuma."Diez preguntas y respuestas sobre la gota" (治療に関する質問と回答)| パブリッシャーサイト
  6. Atshire S., Lemital L., Jeyson U. and Snaider G. (2002) - Natural Treatment of Rheumatic Diseases, European Journal of Pain, [online] 9(7).doi:08.1127/s51313-010-03991-2。

2 コメント

  • ビアンカ
    投稿 1.11月 2022 12:33

    ここ数ヶ月、膝の激しい痛みと腫れに悩まされ、何が悪いのか理解できずにいたところ、偶然このページにたどり着き、膝に痛風の症状がすべて出ていることに気づかされました。この情報のおかげで、自分に何が起こっているのか理解でき、これが慢性化するのを防ぐためにすぐに行動を起こさなければならないことがわかりました。

  • レジーナ
    投稿 24.4月 2023 23:53

    痛風の仕組みがよくわかりました!この記事の情報によって、とても分かりやすくなりました。痛風の原因や治療法について少し混乱していましたが、今はもう大丈夫です!ありがとうございました!

コメントを残す