本文へスキップ サイドバーへスキップ フッターへスキップ

おすすめのデトックスレシピは?

疲れやだるさ、憂鬱さを感じていませんか?一息ついて、デトックスバスに入る必要があるかもしれません。お風呂はリラックス効果もありますし、お肌のクレンジングにもなります。しかし、デトックスバスには内臓をきれいにする効果もあることをご存知ですか?ここでは、デトックスバスのレシピをいくつかご紹介します。どれも安全でナチュラル、そして自宅で簡単に手に入るものばかりです。お風呂にミネラルと塩を入れることで、お肌が柔らかくなり、クレンジング効果も期待できます。お風呂を沸かしている間に、2カップの重曹と1カップのエプソムソルトをお湯に加えます。エッセンシャルオイルを数滴加えてもよいでしょう。30分ほどかけて、体を浸していきます。これで毒素を排出し、筋肉をリラックスさせることができます。

デトックス

お酢のデトックスバスは、酸性体質の方におすすめです。酸とアルカリの均衡を回復するのに役立ちます。30分前後、純粋なアップルサイダービネガーを1カップ入れてください。痛風、関節炎、滑液包炎、その他の炎症性疾患の治療にも使えます。大さじ2杯の粉末ジンジャーをぬるま湯に混ぜ、湯船に入れます。30分以上は浸けないようにするとよいでしょう。生の生姜を使うこともできます。カップ1/4程度をすりおろし、チーズクロスで包んでお風呂に入れるだけです。生姜は毛穴を開き、毒素を汗で排出するのを助けてくれます。

乾燥粉ミルク2カップとコーンスターチ1カップ、エッセンシャルオイル数滴を混ぜ合わせる。1/2カップをボウルに入れて混ぜ、お風呂に入れます。お風呂のお湯は、火傷をしない程度に我慢できる程度に温めるとよいでしょう。これは、デトックスには、体が耐えられる程度の熱さのお湯の方が効果的だからです。お湯が体内の毒素を肌の表面に引き寄せるので、他の成分がより効果的に肌をきれいにしてくれるのです。

コロン クレンズ

体をきれいにする方法はたくさんあります。この記事は、利用可能なすべてのボディクレンズを包括的にレビューすることを意図したものではなく、いくつかのサポート策を提案するものです。大腸は毒素や老廃物が最もたまりやすい場所です。これは最も重要なステップです。それに続くのが、肝臓のクレンジングです。葉緑素の世界で最も高いソース、緑藻類のクロレラは、両方に最適です。それは不完全な消化の毒性や他の副作用に役立つことができる人の食事に食品を含めることをお勧めします。あなたの毎日の食習慣にこれらのいくつかを組み込むことができれば、あなたは利益を享受します。

これらのハーブは、吸収しやすく、水分摂取量を増やすことができるため、お茶として飲むのが最適です。タンポポが浄化作用があるのは、体にとって最も重要な消化機能と血液浄化機能の多くを担っている肝臓の機能を助けるからです。タンポポは、障害物を取り除き、肝臓を刺激して毒を解毒することができます。下剤としても穏やかで、生で食べるとエナメル質を改善することができます。ゴールデンフィールズ・オブ・ニュージーランドでは、オーガニック・ダンデライオンコーヒーをオンラインで提供しています。ゴボウも血液を浄化する働きがあり、タンポポと相性がよいです。関節の腫れを抑えることができます。腎臓の機能を促進する作用があるため、腎臓は関節の腫れや痛みの原因となる有害な酸を血液から除去することができます。

ホルモンバランス

下垂体から十分なタンパク質が分泌され、体のホルモンバランスが調整されるのを助けます。また、湿疹を含むすべての皮膚疾患にも効果があります。ダンデライオンとゴボウの組み合わせは、清涼飲料水やお菓子ではなく、本格的なハーブの組み合わせを探す必要があります。ニールズヤードでは、英国のお客様のために、英国のウェブサイトもご用意しています。最も効果的な血液浄化剤の1つがネトルです。尿酸を中和するアルカロイドが豊富に含まれています。これは痛風、リューマチ、毒性に効果があります。また、もう一つの強力な血液浄化剤であるクロロフィルや、鉄分、ケイ素も豊富に含まれています。根から種に至るまで、植物全体が非常に薬効が高いのです。

イラクサは、関節炎、喘息、膀胱炎、気管支炎の治療に有効であるとされている。オイリーな髪やフケを改善するために、外用として使用されてきた。葉の刺すような性質を中和するために、軽く茹でて血液を浄化し、体の調子を整えるのに役立ちます。根は、水腫やリンパの病気の治療や、結石や砂利が形成された臓器、特に腎臓から取り除くために使用されます。クロレラは、クロロフィル、20以上のビタミン、ベータカロチン、ビタミンCとEを含むミネラルが豊富で、また22アミノ酸の19が含まれています。それはほぼ70%タンパク質が含まれています。

知っていましたか?

クロロフィルは肝臓の解毒作用と腸の洗浄作用があります。また、そのような鉄などの他の要素を吸収するための触媒として機能します。クロレラは、核酸のDNAとRNAの最も豊富なソースです。低レベルは、物理的な劣化、老化、さらには死につながる可能性があります。それは免疫力を向上させ、感染症と戦う。胃腸の中の善玉菌を増やすことが分かっています。これは、潰瘍、大腸炎、憩室症などの治療に役立ちます。便秘や線維筋痛症、また高血圧、高コレステロール、癌の治療にも効果があります。血液中の重元素を除去する効果があります。日本では胃炎や十二指腸潰瘍の治療に使用されています。

1つのものでこれらの症状すべてを治療できるのでしょうか?拙稿 "治療-医薬品かホリスティックか "を参照。このサイトでは15-20gm/日。重金属の解毒。これは浄化プロセスの機械的な側面です。大腸は食物繊維によってきれいになります。また、便のかさを増やす効果もあり、便秘になることもあります。水溶性食物繊維を1日2~10g摂取すると、総コレステロールやLDLコレステロールが大きくは減少しないが、有意に減少することが研究で示されています。ペクチン、サイリウムの殻、オート麦のふすまなどは、水溶性食物繊維のよい摂取源となります。上記の情報は、適切な医療に代わるものではなく、あくまでも参考となる研究結果の報告として提供されるものです。病気の場合は、栄養に精通した医療従事者のケアを受けることが重要です。

 

コメントを残す